【獣医師監修】子犬の頭に穴!?ペコの原因とリスクについて

この記事では、犬の大泉門開存(ペコ)について、原因や将来的なリスクについて解説しています。

犬の大泉門開存(ペコ)について

犬の頭蓋骨の頂点付近に、穴が開いている状態を大泉門開存(通称ペコ)と言います。これは、全ての犬種で見られますが、特にチワワなどの小型犬で多く見られます。

穴が開いている理由は、頭蓋骨が未発達であるためです。そのため、犬が成長するにつれて閉じていくことが多いです。

犬の大泉門開存(ペコ)のリスクは?

多くの犬の場合、子犬期に空いていたペコは成長するにつれて閉じていきます。

しかし、大きな穴が空いている場合など、成長してもペコが閉じない場合もあります。その場合、犬が虚弱体質になったり、水頭症の原因となる可能性もあります。

また、頭蓋骨の欠損のために頭部への衝撃に非常に弱く、打撲などが直接脳へダメージを与えてしまい、致命傷になる危険性もありえます。

ペコの子犬は購入しないほうがよいか?

ペットショップで子犬を購入する場合、ペコがある子犬の場合は店員から説明があると思います。

上述したように、ペコは多くの場合で成長に従い閉じていきます。そのため、小さなペコの場合はそれほど神経質になる必要は無いでしょう。

しかし、あまりに大きなペコの場合は閉じない危険性があります。そのため、大きなペコがある子犬の場合は、購入を差し控えるほうが良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする