【獣医師監修】犬の目が白い!失明の可能性も!?白内障の原因と目薬について

この記事では犬の目が白くなる原因となる「白内障」と「核硬化症」について解説しています。

犬の目が白い原因について

犬の目が白くなる原因としては、主に二つが考えられます。

一つは「白内障」、もう一つは「核硬化症」です。

白内障は最悪場合、失明の可能性がある目の病気ですが、核硬化症は視力の低下を伴わない加齢性の変化(水晶体の老化)であり、病気ではありません。

犬の白内障について

*画像:白内障の犬

犬の白内障は、目の水晶体が白く濁っていく目の病気です。

水晶体が白く濁り始めると視界がぼやけます。それにより、普段の生活の中で物にぶつかるようになったり、ふらふらと挙動不振になったりします。視力が低下するにつれて、物音に敏感になったり、過剰に怖がるようになる場合もあります。

水晶体が真っ白になるまで濁ってしまうと、完全に見えなくなり失明します。

犬の白内障の原因

多くが遺伝によるもの

犬の白内障は、犬種を問わずどの犬種でも起こる可能性がありますが、その大部分が遺伝だと考えられています。

特にトイプードル、ミニチュアシュナウザー、アメリカンコッカースパニエル、ゴールデンレトリバー、ボストンテリア、シベリアンハスキー、などで多いと考えられています。

また、遺伝性以外の原因としては、糖尿病やブドウ膜炎という目の病気(特に虹彩の癒着)などによって、二次的に白内障が引き起こされることがあります。

犬の白内障の治療と目薬について

根本的な治療は外科手術のみ

白内障は、目薬だけでは完全に治療することは出来ません。完治の為には外科手術を行う必要があります。

手術方法は、高周波の振動で水晶体を破壊して吸い取ってしまう「水晶体乳化吸引術」や、水晶体を外科的に取り除く摘出術などがあります。水晶体があった場所には、人工レンズが装着されます。これらの手技は専門性が高いため、一般の動物病院では行えない場合がほとんどです。

また、水晶体が溶けてしまう「過熱白内障」に進行し、二次的にブドウ膜炎や網膜剥離を引き起こす危険性がある場合は、外科手術を推奨することもあります。

白内障の目薬

ライトクリーン(成分はピレノキシン)という犬の白内障用の目薬があります。

ライトクリーンは犬の白内障の進行を抑える効果があります。ですが、あくまで進行を抑える事が目的であり、目薬だけでは完治させることは出来ません。

*参照:ライトクリーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする