【獣医師監修】血尿の原因!犬の膀胱炎の症状と治療法について

この記事では、犬の膀胱炎における特徴と感染原因、症状、治療法、予防法について解説しています。

犬の膀胱炎の特徴

犬の膀胱炎は猫の場合とは特徴が異なります。

猫ではストレス性の膀胱炎が多いですが、犬では膀胱炎の原因のほとんどが細菌感染です。

膀胱炎は比較的多く見られ、決して珍しい病気ではありません。特に雌犬は尿道から膀胱までの距離が近く細菌が侵入しやすいため、細菌性膀胱炎にかかりやすいのが特徴です。

また、未去勢の雄犬で膀胱炎が見られる場合、前立腺の病気(前立腺炎)が併発している可能性があります。

犬の膀胱炎の原因

主に細菌感染が原因

犬では、尿道から侵入した細菌(大腸菌、ブドウ球菌など)が膀胱まで達し、膀胱内で増殖する事が原因で膀胱炎になります。

本来、犬は尿をする事で尿道や膀胱内の細菌を排出しますが、尿の回数が少なかったり、身体の抵抗力が弱まっていると膀胱内で細菌の増殖を許してしまいます。

その他にも、膀胱内に結石がある場合は、結石が膀胱を傷つける事で膀胱炎の原因となります。また稀に、膀胱に腫瘍が出来ていることが膀胱炎の原因となる場合もあります。

尿路感染の素因として疾患が隠れていることも

また、尿路感染の素因となる防御機構の不全や疾患(糖尿病、副腎皮質機能亢進症、慢性腎不全、尿石症、尿膜管遺残、外陰部周囲の過剰な皮膚の皺や膿皮症、尿失禁など)が、隠れている場合もあります。

膀胱炎を治療するだけでなく、これらの疾患が隠れていないか、つねにチェックすることが重要です。

犬の膀胱炎の症状

犬が膀胱炎になると、以下の症状が見られます。

・頻尿(ほとんど尿が出ないにも関わらず、何度もトイレに行く)

・尿の濁り(白濁する場合や、赤茶色に濁る場合が多い)

・尿が臭くなる(臭い雑巾のような匂い)

・血尿(膀胱の炎症が酷い場合、膀胱内で出血が起こるため)

*細菌感染を伴う膀胱炎の犬の血尿

・失禁(排尿コントロールが出来なくなるため)

・尿石症の併発(感染した細菌が尿のPHをアルカリ性に傾けるため、ストルバイト結石が出来やすくなる)

犬の膀胱炎の治療法

抗生剤(エンロフロキサシンやアモキシシリンなど)による治療が犬の膀胱炎の治療の基本です。

最低でも一週間は抗生剤の投薬を行い、再度尿検査を行います。必要な場合は、抗生剤の投薬を継続します。

抗生剤の効果は、3~5日程度で出ますが、前立腺や尿結石に隠れている細菌による再発が起こりやすいので、出来るだけ二週間の投薬を行います。途中で投薬を辞めないことが大事です。

投薬を途中で中断してしまうと、細菌が膀胱内に残って再発する危険性が出てしまいますので、最後まで確実に投薬を行う事が完治のために重要です。

犬の膀胱炎の予防法

犬は尿道からの細菌の侵入を、おしっこをすることで防いでいます。そのため、犬の膀胱炎を予防するためには以下のことが重要です

・正常な尿の回数を維持する

水をあまり飲まず尿をあまりしない犬の場合は、水を沢山飲ませる工夫をしましょう。また、おしっこの回数が少ない子は、トイレ環境に気を配るなどして、犬が気持ち良くおしっこが出来る環境を作ってあげましょう。

・定期的に尿検査を行う

定期的に動物病院で尿検査を行うことも、膀胱炎の予防に効果があります。尿に細菌が増殖している場合や、尿のPHに変化がある場合など、放置していると膀胱炎に発展してしまうため、発見次第、対処します。

まとめ

犬の膀胱炎は治療が難しいわけではありません。通常の膀胱炎であれば、抗生剤を飲ませることで治療が可能です。その場合は治療費も高くありません。

また糖尿病や、クッシング症候群といった厄介な病気が、膀胱炎の陰に隠れている場合もあります。

そのため、日頃から愛犬の尿には注意を払い、異常を感じた場合は早めに動物病院に連れて行くことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする