【獣医師監修】犬のドライアイの原因や症状、目薬について

この記事では、犬のドライアイ(乾性角結膜炎)について解説しています。

犬のドライアイについて

*ドライアイの犬の目。粘液膿性の眼脂の付着が見られる

犬のドライアイは、何らかの原因により涙の量が減少することで眼球表面が乾いてしまい、その結果として、角膜や結膜に炎症が生じる疾患です。

ドライアイを発症すると、初期の頃は結膜の充血や浮腫を起こして痛みを示しますが、病気の進行とともに痛みを感じなくなります。やがて、結膜に色素が沈着して、角膜にも血管が進入し、色素沈着がみられるようになります。この頃になると、上の画像のような粘液膿性の黄色い眼脂が、眼瞼に付着するようになります。

特にブルドックやパグなどの犬種は、目が大きく飛び出しているために涙が蒸発するスピードが速く、涙量の減少の影響が大きいためドライアイになりやすいのが特徴です。

犬のドライアイの原因

涙腺・第三眼瞼腺の異常

炎症、神経障害、ジステンパーウイルスなどの感染症、サルファ剤を始めとした薬などの影響から、涙を生み出す「涙腺」や「第三眼瞼腺」に異常が生じた場合、涙の産生量が減り、ドライアイを引き起こします。

また、チェリーアイの治療として第三眼瞼腺を切除した場合や、眼球周辺の腫瘍に対して放射線治療などにより二次的に影響を受けた結果、涙の量が減少してドライアイを発症してしまうことがあります。

自己免疫性疾患

本来なら体を守るはずの免疫系統が、なぜか自分自身の涙腺を異物とみなし、攻撃をして破壊してしまう場合があります。涙腺が破壊されると涙の量が減ります。

自己免疫反応によるドライアイの原因は、今でもはっきりとは分かってはいません。

犬のドライアイの検査

ドライアイが疑われる場合「シルマー涙液検査」という検査を行い「涙の量」を測定します。

涙の量が1分間に10mm以下(正常は15mm程)である場合にドライアイと診断されます。

犬のドライアイの治療と目薬

人工涙液の補充

1日に数回、人工涙液を点眼することで涙を補充します。人工涙液としては「ヒアレイン点眼薬」をよく使用します。

人工涙液の補充は、ドライアイの根本的な解決策にはなりませんが、動物病院では一般的な治療法として多く用いられています。

ドライアイが原因で角膜や結膜に細菌感染が起きている場合は、抗生剤点眼も併用します。脂成分の補充目的で、眼軟膏を使用する場合もあります。

涙産生促進薬

涙腺組織を薬で刺激して、涙の産生を促進する方法です。これには「シクロスポリン点眼液(シクロスポリン軟膏、タクロリムス軟膏など)」を使用します。

シクロスポリンは、免疫反応を抑制し(具体的にはリンパ球浸潤による涙腺破壊を抑制)同時に涙腺刺激作用を持っているため、涙液量を増加させることができます。

しかし、完全に涙腺が機能していない場合のドライアイでは、有効ではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする