【獣医師監修】犬の耳垢が黒い 茶色 臭い 多い 痒がる【原因と治療法】

この記事では、犬の耳垢の状態により疑われる病気と治療法について説明しています。

犬の耳垢が黒い、痒がる場合

ミミヒゼンダニ(耳ダニ、耳疥癬)

犬の耳垢が黒く、どちらかというと乾いた耳垢であり、犬が耳を激しく痒がる場合、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)の寄生が疑われます。耳ダニは犬の耳で繁殖を行い、耳に激しい痒みをもたらします。

耳ダニが寄生していると、犬は耳があまりにもかゆいため、頭を振りながら後ろ足で耳を盛んに引っかくのが特徴です。

*耳ヒゼンダニに寄生された犬の耳垢

ミミヒゼンダニが原因となる場合、写真のような黒く、あまり湿り気のない耳垢が多量に出ます。

治療

ミミヒゼンダニに有効な駆虫薬(レボリューションなど)の投与や、徹底した耳掃除によって治療を行います。

犬の耳垢が茶色い、多い、脂臭い場合

マラセチア性外耳炎

茶色〜黒色の耳垢が大量に出てくる、その耳垢が粘性がある(粘つく)、犬の耳がベトベトして脂臭い、このような場合は「マラセチア性外耳炎」が疑われます。

*マラセチア性外耳炎の犬の耳垢

マラセチアは真菌の一種で、犬の常在菌の一つですが、梅雨時〜夏にかけての蒸れやすい時期や、耳道までびっしり毛が生えている犬種、垂れ耳で通気性の悪い犬種などでは、マラセチアにとって繁殖しやすい環境が整ってしまい、マラセチアが過剰に増殖してしまいます。

過剰に増えすぎたマラセチアの出す毒素は、犬の耳に痒みをもたらします。

そのため、放置しておくと犬が耳を引っ掻き、そのせいで、耳の外側まで炎症が広がってしまう場合もあり、さらには耳以外の部位にまでマラセチアが移ってマラセチア性皮膚炎を引き起こす場合もあります。

治療

耳掃除(耳道洗浄)により、できる限りの耳垢を除去します。それに加えて、マラセチアに有効な点耳薬により治療を行います。

外耳炎の症状が重い場合は、抗真菌剤の内服により治療を行う場合もあります。また二次的に、細菌性外耳炎を併発している場合もあるため、その場合は抗生剤の投与も追加して行います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする