【獣医師監修】犬の鼠径ヘルニアの原因や症状、治療法について

この記事では、犬の鼠径ヘルニアについて、原因や症状、治療法などを解説しています。

犬の鼠径ヘルニアについて

*左鼠径部にヘルニアがある犬

太ももの内側の付け根部分(鼠径部と言います)から、腹腔内の小腸などが皮下に飛び出している状態を鼠径ヘルニアと言います。

猫では希な疾患ですが、犬では割と多く見られます。

犬の場合、片側性の鼠径ヘルニアでは「左側」での発生が多いとされます。また、非外傷性の鼠径ヘルニアでは避妊手術をしていない中年のメス犬や若齢の雄犬でみられることが多いです。

犬の鼠径ヘルニアの原因

犬の鼠径ヘルニアの原因としては、遺伝的な要因(例えば鼠径輪の先天的な異常など)が多いです。

また、交通事故などの外傷や、成長に伴う腹圧の上昇も鼠径ヘルニアの原因となります。

犬の鼠径ヘルニアの症状

鼠径部の隙間が小さい場合は、ヘルニア部分が膨れている以外は痛みもなく症状もありませんん。

隙間が大きければ、ヘルニア内に小腸などの臓器が入り込んでしまい、腸の動きが悪くなって腸閉塞の症状(嘔吐や下痢、便秘、元気や食欲の低下など)を起こすことがあります。この場合、放置していると腸が絞めつけられ、ヘルニア部が炎症を起こして腐り始める事があります。

犬の鼠径ヘルニアの治療

子犬期などの若齢時にみられる比較的小さい鼠径ヘルニアでは、成長に伴う筋力の発達でヘルニアが治まる場合が時折みられます。

しかし、ある程度大きなヘルニアや、ヘルニア内容が腹腔内に戻せないもの(非環納性)はやはり手術対象となります。

手術では麻酔をかけて、飛び出した臓器を元の場所に戻し、鼠径部に空いている隙間を縫合します。将来的に手術が必要だと判断した場合は、避妊手術の際に一緒に鼠径ヘルニアの治療も行うことがあります。

まとめ

犬の鼠径ヘルニアについては、これで以上になります。

鼠径ヘルニアは予防することは出来ません。小さな鼠径ヘルニアは問題にならないこともありますが、大きな鼠径ヘルニアを放置していると、気づいたら重症化している場合もあります。

そのため、愛犬が大きなヘルニアを持っている場合は、一度動物病院に連れていく事をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする