【獣医師監修】子犬が咳をする!ケンネルコフの原因や治療、予防法は?

この記事では、子犬の咳の原因として代表的な「ケンネルコフ」について、原因や症状、治療や予防法について解説しています。

犬のケンネルコフとは

犬のケンネルコフとは「犬伝染性気管気管支炎」の通称です。

ケンネルコフは、子犬期で多く見られ、特にペットショップ等で購入後、家に連れて帰ってきた直後に発症する場合が多いです。これは、ペットショップやブリーダーで既に感染しており、環境変化によるストレスから免疫力が低下することが、発症要因だと考えられます。

ケンネルコフでは、ウイルスや細菌などが同時にいくつも感染している場合も多く、ケンネルコフを発症している犬が咳をすると、ウイルスや細菌が飛散し、他の健康な犬にも感染してしまいます。そのため、多頭飼育環境下では他の犬への感染を防ぐために十分な消毒や発症犬の隔離など、管理を徹底しなければなりません。

ケンネルコフは、免疫力が正常な成犬では、発症しても2週間程度で自然治癒することが多いです。しかしながら、免疫力が不十分な子犬(6週齢~6ヶ月齢)の場合は重症化しやすく、肺炎に移行する場合もあるため、子犬期は特に注意しなければなりません。

ケンネルコフの原因

ケンネルコフの原因となる主な病原体として、イヌアデノウイルス2型イヌパラインフルエンザウイルス気管支敗血症菌(ボルデテラ・ブロンキセプティカ)が挙げられます。

また他にも、イヌヘルペスウイルスマイコプラズマが同時に感染する場合もあります。

ケンネルコフでは、ある特定のウイルスや細菌が原因という場合は少なく、多くの場合で複合感染しています。

ケンネルコフの症状

ケンネルコフの症状として、以下のようなものが挙げられます。

・短く乾いた咳

・急な発熱

・膿を含んだ鼻汁

・流涙

・元気食欲の低下

ケンネルコフの治療法

現在、ケンネルコフの原因の一つである「ウイルス」を直接退治する薬はありません。気管支敗血症菌は抗生剤により退治することが可能です。

ケンネルコフの治療では、炎症が起きている器官の二次感染を抑えるため、広域スペクトルの抗生剤の投与や、咳を抑えるための鎮咳剤、気管支拡張剤の投与などを、必要に応じて組み合わせて行います。

気管支炎や肺炎を併発している場合には、ネブライザーを使って薬剤を霧状にし、犬の呼吸器に直接的に取り込ませる治療法も行います。

また、食欲がひどく低下している場合には、点滴や栄養剤の投与を行います。このようにして、犬の免疫力を高め、自然治癒を待ちます。

ペットショップなどの子犬の多頭飼育環境の場合、他の健康な犬に感染するのを防ぐため、発症していない子犬への抗生剤の投与も、発症の予防には効果的です。

ケンネルコフの予防法

ケンネルコフを予防するために、最も効果的な方法は、混合ワクチンを接種する事です。

子犬は、生後2ヶ月齢程までは母親から受け継いだ「母子免疫」が有効ですが、それ以降は免疫力が低下していきます。子犬期には、この免疫力が低下する時期に、ケンネルコフに感染しやすいのです。

また子犬期において、混合ワクチンが終わり、十分な免疫力がつくまでは、他の犬との接触を避けることも感染の予防には効果的です。

加えて、老犬になって免疫力が低下すると、ケンネルコフに感染しやすくなってしまいます。そのため、狂犬病だけでなく、混合ワクチンも毎年一度接種することが、老齢時のケンネルコフの予防にとても効果的です。

*犬のワクチンについては以下で詳しく解説しています。

この記事では犬のワクチン(予防接種)について、種類や値段、また愛犬の飼育環境別の混合ワクチンの選び方について解説しています。 犬のワクチン...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする