【獣医師監修】犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)原因や症状、治療法について

この記事では犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)について、原因や症状、治療法について解説しています。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)とは

*犬の膝関節と膝蓋骨の模式図

犬の膝蓋骨脱臼(通称パテラと言います)とは、後ろ足の膝関節の上にある「膝蓋骨」(人間でいう膝のお皿のこと)が、内側もしくは外側にずれて、脱臼している状態を言います。

犬のパテラは、チワワやトイプードル、豆柴などの小型犬で特に多く見られます。原因ははっきりとは分かっていません。先天的に膝蓋骨が収まる凹みが浅いなど、先天的なものである場合がほとんどです。

子犬期にパテラが見られる場合、成長に従って、膝蓋骨を支える腱や筋肉が発達するおかげで治る場合があります。しかし、中にはどんどん悪化する場合があるため、注意が必要です。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)の症状

犬の膝蓋骨脱臼は、症状の程度により1〜4段階に分かれています。

グレード1

膝蓋骨を内側もしくは外側に押すと脱臼し、離すと元どおりの位置に戻る場合です。

この段階では、普段は膝蓋骨が凹みに収まっているため、症状はありません。

グレード2

膝蓋骨を内側もしくは外側に押すと脱臼し、指を離しても戻らない場合。または膝関節を曲げたときに膝蓋骨が自然と脱臼し、脱臼した膝蓋骨は指で押し戻すか膝関節を伸ばすまで戻らない場合です。

この段階では、犬が時折後ろ足をピンと伸ばしたり、ピンと伸ばしたまま歩いていたりという症状が見られます。

グレード3

膝蓋骨を内側もしくは外側に押すと脱臼し、脱臼した膝蓋骨は、膝関節を伸ばして指で押し戻すまで戻らない。または、膝関節を曲げたりのばしたりすることで、膝蓋骨が容易に再脱臼する場合です。

この段階になると、日常的に膝蓋骨が脱臼している状態が続くため、関節炎による痛みや跛行などの症状が出てきます。

また、グレード3の状態を放置していると、更に悪化して次のグレード4まで進行してしまう可能性が高くなります。

グレード4

膝蓋骨が常に脱臼状態にあり、戻すことができない、つまり「常に脱臼している状態」です。

この場合は、普段の散歩でも膝関節への負担が大きくなるせいで、関節炎を起こしてしまいます。犬は膝の痛みによりビッコをひきながら歩きます。

また放置していると関節炎だけでなく、膝の靭帯へ大きな負担がかかるせいで、膝を支えている前十字靭帯が切れてしまう場合があります。

そのため、この段階では外科手術が推奨されます。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)の治療法

グレード1〜2程度の軽度の膝蓋骨脱臼の場合、治療をしなくても正常な生活を送れることがほとんどです。

しかし、グレードが進み、関節炎が起きて痛みを伴う場合は、鎮痛剤や抗炎症薬を飲ませる必要があります。

グレードが進行している場合、痛みや関節炎を一時的に抑える投薬だけでは、根本的な治療にはなりません。日常生活に支障が出る場合などは、手術をする必要性があります。

外科手術を行う場合は、犬に全身麻酔をかけ、膝蓋骨が収まる骨の溝を削って深くしたり、靭帯の張り具合を調整したりして、膝蓋骨の脱臼が起きないように整形します。

外科手術の費用は動物病院によって異なりますが、20万円前後の場合が多いです。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)の予防法

普段、自宅においてパテラが進行しないように気をつけるべきことが、いくつかあります。

例えば、滑りやすいフローリングがある場合、滑らないマットやカーペットを敷いたりすることで、犬の膝にかかる負担を軽減することが出来ます。つるつる滑るフローリングは、それだけで膝へ大きな負担がかかり、グレードが進行する原因になります。

また、肥満は膝への負担が激増し、悪化要因になります。肥満体の犬はダイエットをし、太らない事を心がけることも、予防には重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする