【獣医師監修】犬の心臓に雑音!?僧帽弁閉鎖不全症の原因や治療法は?

獣医師により聴診の際に、愛犬の心臓に雑音があると言われた場合「僧帽弁閉鎖不全症」であることが多々あります。

この記事では、犬の僧帽弁閉鎖不全症について解説しています。

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは

犬の僧帽弁閉鎖不全とは、心臓の左心室と左心房を隔てる僧帽弁が正常な形を失い、うまく閉じなくなってしまったため、本来とは逆方向に血液が流れてしまう状態を言います。

キャバリアなどを始めとする小型犬に多く、早いと5~6歳ごろに発症し、加齢とともに症状が悪化していきます。

僧帽弁の劣化が進行すると逆流する血液量が増え、血液を送り出す左心室の負荷が増えていきます。そのため、放置していると心臓の壁が病的に厚くなる「心肥大」や、心室の容量が病的に広がってしまう「心拡大」と呼ばれる状態を招いてしまいます。

徐々に進行していく病気で、飼い主が気がつくほどの症状が出る頃には、かなり進行してしまっていることが多い病気です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

初期の僧帽弁閉鎖不全症では目立った症状はあまり見られず、運動時や興奮時に軽く咳きこむくらいです。

やがて症状が進行すると、運動するとハアハアと大きく息切れし、場合によっては酸欠を起こして倒れてしまうこともあります。また、安静時にも咳きこむようになり、夜中に乾いた音がする咳が出ます。

また、全身の血液の流れに問題が生じるため、心臓以外の臓器(肺、肝臓、腎臓など)にも負担がかかってしまいます。重症例では、肺に水が溜まる「肺水腫」が引き起こされる場合もあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因

僧帽弁の閉鎖不全がどのパターンで発症するにしても、この疾患は先天的(遺伝的)なものです。

犬種では、キャバリアキングチャールズスパニエル、チワワ、ミニチュアシュナウザー、マルチーズ、ポメラニアン、ペキニーズ、ボストンテリア、トイプードル、ミニチュアピンシャー、ウィペットに多いとされます。

好発年齢は10~12歳ですが、キャバリアキングチャールズスパニエルに関しては5~6歳ごろに発症することもあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療法

①薬による治療

一度変性した弁や心室を外科的に治療することは困難なため、薬物療法が中心となります。具体的には強心薬や利尿薬などを組み合わせることで、失った心臓の機能を補填します。

《エナラプリル、ベナゼプリルなど(アンジオテンシン変換酵素阻害薬、ACE阻害薬)…血管拡張薬》

心機能が低下していると診断された時に、最初に使用することの多い薬です。

血管をゆっくり拡張させて、低血圧のような状態にします。逆流に負けず、がんばって血液を循環させようとしている心臓に対して「もっとがんばれ」と指示を出すホルモンを減らし、心臓の負荷を軽減する効果があります。

《ピモベンダン…強心薬》

ACE阻害薬とは逆に、心臓の動きを盛んにさせるための強心薬です。

心臓を収縮させる筋肉に働き、心臓の動きを盛んにさせるための薬です。ACE阻害薬で様子をみていて、さらに悪化してきたと認められた時に使用することで心不全を抑えることができます。一度飲み始めたら、ずっと飲み続けるように指示されることの多い薬です。

《アムロジピンなど(カルシウム拮抗薬)…血管拡張薬》

血管の壁は3層の膜でできています。細胞の中のカルシウム濃度が上昇すると、膜が収縮し、血管全体が細くなってしまいます。血管が細くなれば血圧が上がり、心臓は必死に動いてしまいます。カルシウムが細胞の中に入ってこないように防御し、結果的に血圧を下げる効果のある薬です。

《フロセミド・トラセミド…利尿薬》

腎臓の過剰な体液を取り除き、尿を出させる働きをします。

尿がたくさん出ると、からだの中の血液量が減ります。血液量が減ると、心臓への負担が軽減されます。

また、血液がたまりすぎて肺に漏れ出してしまう「肺水腫」を防ぐ効果もあります。トラセミドはフロセミドの数十倍、利尿効果が強く出ます。

 《カルベジロールなど(β遮断薬)…不整脈治療薬》

不整脈がある場合に用いられます。

不整脈を抑える薬はいろいろなタイプのものが使われます。交感神経を抑えて興奮しないよう自律神経に働きかけるβ遮断薬や、心臓の筋肉が収縮して血管が細くならないように、細胞が興奮するのをコントロールする薬などを使用します。

②運動制限

心臓に負担のかかるような激しい運動を控え、散歩量も少なめにします。運動制限により心臓への負荷を出来る限り軽減させ、悪化を防ぎます。

③食事制限

高血圧につながる塩分を控えると同時に、運動不足から来る肥満を予防するためにカロリーと食材を吟味します。低炭水化物・高タンパク質の良質なフードへ切り替えることが大切です。

④手術

現在、僧帽弁を人工弁に置換する手術を行う方法もあります。

一般的な動物病院では行なっていませんが、心臓外科に特化した動物病院や、大学病院では行なっているところもあるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする