【獣医師監修】目薬はある!?犬の涙やけの原因や対策は?

この記事では犬の涙やけ(流涙症)の原因や対策法について解説しています。

犬の涙やけとは?

*画像:流涙症により涙やけのひどい犬

一日中、大量の涙が出てくる犬がいます。そのせいで、目の周りの毛が黒く変色し、終いには顔全体の毛が黒くなってしまう場合もあります。

これは、犬の流涙症または涙やけと呼ばれています。

犬種特異性もあり、マルチーズやトイプードルで多く見られます。

犬の涙やけの原因と治療法

①まつ毛や体毛などによる刺激

まつ毛が変な方向に生えている事で、そのまつ毛が常に眼球を刺激し、涙が大量に出る原因となります。ひどい場合にはまぶたの裏側から生えている場合もあります。

また、眼角形成不全(通常は切れ長の目だが、まん丸の目になる)を持つ犬は、眼に被毛が入りやすくなります。トイプードルやシーズー、パグなどの小型犬で見られます。

治療法

異常な箇所に生えたまつ毛が原因となる場合、それを抜く事で治療できる場合もあります。

眼角形成不全が原因となる場合は、手術で目の形を正常に治さなければ治療できません

②鼻涙管の閉塞

通常、犬の涙は鼻涙菅を通って目から鼻に流れる仕組みになっています。

しかし、生まれつきこの鼻涙菅が狭かったり、閉塞していたりする場合は涙が目からあふれて流涙症を起こします。

プードルやゴールデンレトリーバー、コッカースパニエル、パグなどで多く見られます。

治療法

鼻涙管の閉塞が涙やけの原因である場合、鼻涙管の洗浄を行います。

柔らかいプラスチック製の針を目から鼻涙菅に向かって差し込み、生理食塩水を注ぎ込んで洗浄を行います。

鼻涙菅が完全に閉塞している場合、目から鼻に抜ける穴がない場合は、手術を行って外科的に治療します。

犬の涙やけの予防法や目薬は?

犬の流涙症を予防する方法は残念ながらありません。

ですが、こまめに涙を拭きとってあげることで、涙やけは予防できます。これにより、細菌の繁殖を防ぐこともできます。

そのため、水で濡らしたティッシュやハンカチを使って、できるだけ涙を拭いてあげるようにしましょう。

犬の流涙症や涙やけを治す目薬も、現在のところまだありません。

まとめ

犬の涙やけの原因となる流涙症についてはこれで以上になります。

犬の涙やけは、飼い主さんの心の負担が大きいと思います。ですが、鼻涙管閉塞や、異所性のまつ毛であれば治す事が可能です。

そのため、まずは一度動物病院で獣医師に診てもらうのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする